格安sim au dmm

 

格安SIMの雄「mineo」徹底解説 ドコモとau、どちらの端末も …
auに加えてNTTドコモのネットワークにも対応したケイ・オプティコムの格安スマホ・格安SIM「mineo」、どこがお得なのでしょうか?(続きを読む)

auのiPhoneで格安SIMが使えない問題 – 日経トレンディネット
2014年、iOSが8にバージョンアップして以降、データ通信が利用できなくなったmineoやUQ mobileなどのau系MVNOのSIM。だが最近インターネットイニシアティブがau系のSIMでデータ通信ができる方法を見つけ出した。利用で…(続きを読む)

auから格安SIMに乗りかえたら、スマホが使えて月々5,500円の …
格安SIM(MVNO)の『mineo 』(マイネオ)を使い始めて約1ケ月が経ったので感想や思うことを書きます。私は長年auユーザーですが、通信料を安くするためにmineoに乗り換えることにしました。乗り換えと言っても、私の場合はAUのガラケー …(続きを読む)

auから格安SIMに乗り換えた話 – ボクココ
ども、@kimihomです。 今日でようやくauの2年縛りが終わり、機種代(iPhone 5c)も支払い終えたので格安SIMに乗り換えることにした。 そもそもなぜ格安SIMの方がいいか 今までの3キャリアは色々なサービスを付け加えた影響で、基本料 …(続きを読む)

ASCII.jp:VAIO S11と格安SIMの基礎知識をおさらい (1/2)
「SIMフリー」についても解説しておきましょう。日本国内では、通常ドコモが販売している端末ならドコモのSIM、auならauのSIMしか動作しません。いわゆる「SIMロック」がかかっているのが一般的でした。一方、どのキャリアのSIMも使えるの …(続きを読む)

au版iPhoneで格安SIMの動作検証。UQ mobileとドコモ系SIM …
auのキャリア版iPhoneでも、格安SIMが使えるという情報を受け、 UQモバイルを試す事・・・かれこれ1カ月。 端末による動作の違いはあれど、使おうと思えば使えたので。 特に、iPhone6での動作は安定してます。 ・・・(続きを読む)

iPhoneのSIMロック解除方法と仕組みとは?ソフトバンク/au …
こんにちは、Apple Geeks Laboです!みなさん、格安SIMを使っていますか?iPhoneやiPadで格安SIMを使おうとするなら、SIMロック解除は避けては通れません。今回は気になるSIMロック解除について、キャリアごとの情報をまとめました!(続きを読む)

初めてのMVNO(格安SIM) その6 auからIIJmioにMNP | The …
初めてのMVNOシリーズ その6です。今回はauからIIJmioへのMNPについて手順や注意点をまとめます。これから私と同じようにMNPをする方の参考になれば幸いです。MNPのおおまかな手順まずは今回MNPをした手順を大まかにまとめ …(続きを読む)

docomoでもau(VoLTEのみ)でも使えるSIMフリースマホ …
docomo回線のMVNO・格安SIMでもau回線のMVNO・格安SIMでも使えるSIMフリースマホ、arrowsM02を購入したので開封の…(続きを読む)

au系格安SIMの評判は? – 格安スマホ SIMで節約生活
au系格安スマホは地味な存在です・・・ mineoさんが、6か月無料キャンペーンを行っていることもあり、凄い勢いで加入者が増えているそうです。 しかし、mineoさんはどちらかと言うと、かなり地味な存在でした。 理由は『au系SIM』しか取り扱っ …(続きを読む)

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する安いSIMも登場しています。よく分からない会社のサービスは不安という方や、これのみで使っていくために実績のある安定したサービスの安いSIMを求めている人は、大手キャリアが提供している安いSIMを選んだほうがよいかもしれません。SIMカードとは、ドコモでは「UIMカード」、au(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、安いSIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。
iPhoneで安いSIMを使い人はいると思います。docomo回線の事業者であれば、ドコモのGalaxyであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。そんな時は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、ロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
格安のSIMを売っているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とはMVNOによって異なっています。格安でデータ通信が利用できる「安いSIM」。1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、インターネットやメールは問題なくできます。仮に格安SIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。ソフトバンク等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと月々1000円という料金プランも。

とりあえず、見直しを考えてみてもいいのではないでしょうか。通常のスマホやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMを利用することができます。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。
このようなことから安いSIMベンダーを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めて会社を選ぶ必要があることが分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket